ヨガのポーズに関する情報サイトです。

ヨガインストラクターへの道

快眠のためのヨガ

快眠のためのヨガ 近頃、良く眠れていますでしょうか?睡眠不足が続くと疲労感が抜けず毎日がスッキリしませんよね。今日は、そんな時に是非試して頂きたい快眠のためのヨガをご紹介します。

1つ目は「頭を地面に押しつけるポーズ」です。
四つん這い姿勢になり、頭を地面に押しつけながら、ゆっくり前後左右に動かします。
深い呼吸を意識し、呼吸に合わせて気持ちが良いと感じる程度に動かすと
頭皮や首の筋肉をほぐす事ができます。
現代人はスマートフォンやパソコンの普及により、
ブルーライトを浴びながら前傾姿勢のままでいる時間が増加しました。
そのため、目や首、肩が緊張し交感神経が優位になりやすくなっています。
緊張を解き副交感神経を優位にして眠りに入りやすくする、
現代人にお勧めなヨガの1つです。

2つ目は「赤ちゃんのポーズ」です。
仰向けになり、両膝を胸に寄せ両腕で抱え込みます。
深い呼吸と肩に力が入り過ぎない事を意識しながら、暫くの間、その姿勢をキープします。
息を吐く瞬間、嫌な事を吐き出すイメージをしながら行うと良いでしょう。

是非、試してみて下さい。睡眠の質が改善し、さわやかな1日を過ごせるようになると良いですね。

ヨガで快眠を実現するのに役立つポーズとは

ヨガで快眠を実現するのに役立つポーズとは 睡眠とは1日の疲労をリセットし、新たな1日を過ごすための活力を補う行為です。ですが何かと忙しい現代人は、疲労と同時にストレスを溜め込んでしまうため快適な睡眠を取れずに悩んでいる人が多かったりします。疲れているのに眠れないという状況が続くと、疲労が蓄積されて行き病気の原因となるので注意が必要です。
そんな風に睡眠に悩んでいる人は、ヨガを実践する事で改善が期待出来ます。もっとも一言でヨガと言っても、様々なポーズがあるのできちんと快眠に役立つものを選び出さなければなりません。快眠へと誘う事が可能なポーズとしてまずおすすめなのが、サーランバ・バラーサナです。緊張状態の心身を緩めて、リラックス状態に導いてくれるので有効的だったりします。他にもシャシャンカーサナも、効果的です。実践する事で目や首、肩の疲れを癒して心身を鎮める事が出来ます。更にスプタ・バッタ・コナーサナも、深呼吸と共に心身の緊張を緩めて睡眠へと誘導する事が可能です。

新着情報

◎2019/7/25

快眠のためのヨガ
の情報を更新しました。

◎2019/5/23

自宅でできるヨガ
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「ヨガ 快眠」
に関連するツイート
Twitter